真空成形に関する基本的な知識や特徴などを教えます

記事リスト

業務効率化のためのツール

工場

作業自動化ツールで可能になることは

「RPA」というのは、Robotic Process Automationの略語で、ホワイトカラーのデスクワーク作業を、ソフトウェアのロボットが代行する概念のことです。この概念を導入したツールは「RPAツール」と呼ばれ、最近ではRPAというと、狭義の意味でのRPAツールを指すことが多いようです。このRPAを利用した業務は3段階あって、「RPA」「EPA」「CA」の順にクラスが上がっていきます。RPAは定型業務を確実に遂行しながら、他のアプリケーションとも連携し作業していきます。主に総務や経理・人事などの事務や管理業務などに導入されることが多いです。次のEPA (Enhanced Process Automation)は、データ収集・分析も可能で、ログ解析から売上予測、記述式アンケートデータの集計にも対応しています。さまざまなデータから分析を自動化したい際の導入に適しています。そして、3つのうちの最上位であるCA(Cognitive Automation)ですが、これはRPAに人工知能のような判断力を持たせたもので、プロセスを分析しその改善から意思決定までの自動化を実現します。処理できるデータ量も多く、導入すれば分析によって得られたデータから経営の改善点を探ることにも活用出来ます。よく、「AI」(人工知能)と混同している人もいるようですが、この二つには厳密な違いがあります。RPAは指示されたワークを遂行し、一連の命令を入力しておけばミスすることなく確実にこなしてくれます。一方のAIは、学習能力を備え業務を自分で判断することが出来ます。人間の部位に例えるなら、RPAが手足でAIは頭脳だと捉えれば良いでしょう。

Copyright© 2019 真空成形に関する基本的な知識や特徴などを教えます All Rights Reserved.